~変わる愉しみ。叶う歓び。~
Growing Beauty 「美を育む」をテーマに
女性のトータルビューティを叶えるサロン
アニーダブレー福岡けやき通り

シャンプーに詳しくなっちゃおう♪ PART3 完結!

ついに完結!

シャンプーうんちく王にわたしはなる!!!

 

20世紀以降~

大正期から昭和初期になると、白土・粉石けんなどを配合する髪洗いが流通
その後、固形のシャンプーが発売されるようになってシャンプーという言葉が一般化
つ、ついに!!でも固形なんですね~

1926年に葛原工業より「モダンシャンプー」が出るが売れず・・・
1932年に花王から「花王シャンプー」が発売される
1950年以降には、石鹸から界面活性剤へと変わり
なかでも「花王フェザーシャンプー」は、約80%のシェアを占めた

1980年代中盤から朝早く起きてシャンプーをしてから通勤、通学する「朝シャン」が若い女性に流行
1986年には資生堂から「モーニングフレッシュ」が発売
シャンプーが手軽に、短時間でできるような商品が開発されました

シャンプーとリンスが一度で済むリンスインシャンプーのほか、
裸になって風呂場まで行かずとも、洗面台で髪を洗えるシャンプードレッサーが登場

 

シャンプーがより身近に、手軽にできるようになってきましたね
朝シャン時代・・・なつかしいですね

さらに、トリートメント剤もたくさん登場していくわけですね

 

香りも効果も多種多様!

まだまだシャンプーの成長はとまりませんよう~

TO TOP